困りもん暮らしメモ

困りごとだらけの困りもんです

MENU

号泣した映画・「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

お題「邦画でも洋画でもアニメでも、泣けた!というレベルではなく、号泣した映画を教えてください。」

 

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の感想イラスト

ダンサー・イン・ザ・ダーク


お題「号泣した映画」について書いています。

 

号泣した映画…、私の場合はダンサー・イン・ザ・ダークでした。

 

約20年前、2000年制作の映画で、公開時に劇場で観ました。

 

ミュージカル映画で、当時人気だったアイスランドの歌手・ビョークさんが主演していたのですが…、なんというか、すごかったです。

歌が始まると毎回、号泣していました。

 

物語に感動したとも、良かったとも言いにくい作品だったので、謎です。

“雷に打たれた”とか、そういう、体感映画のような気さえしました。

 

あらすじ

 

主人公・セルマは移民で、一人息子のジーンを育てながら工場で働いています。

つつましいながらも、周囲の友情に包まれた日々。

けれども、彼女には誰にも言えない秘密があり、懸命にお金を貯めていました。

そしてある日、事件が…。

感想

 

物語は、苛酷でした。

公開時から賛否両論で、感動したとも、トラウマになったとも言われています。

 

監督のラース・フォン・トリアーさんは、あらすじを読むと、とても観る気にはなれないエグいお話…でも観ると、なぜか惹き込まれてしまう…という、私にとっては、なんとも難儀な映画を作る人です。

この映画は、その金字塔かも…。

カンヌのパルムドールと主演女優賞を受賞しています。

 

主演のビョークさんが音楽も担当していました。

工場の機械音や列車の音を取り込んだ音楽は、当時、とても斬新に感じました。

映像も、シャープで生々しいです。

 

なので、あらすじを読んだ段階では、“コテコテの悲劇のヒロインすぎるのでは?”と思っていた主人公セルマを、現実に生きている人のように感じました。

 

物語が救いようがないぶん、生き生きとした歌と映像が沁みて、号泣する映画でした。

作品データ

 

監督・脚本:ラース・フォン・トリアー

音楽:ビョーク

撮影:ロビー・ミュラー

振付:ビンセント・パターソン

 

出演:ビョーク(セルマ)

   カトリーヌ・ドヌーブ(キャシー)

   デビッド・モース(ビル)

   ピーター・ストーメア(ジェフ)

   ブラディカ・コスティック(ジーン)

 

上映時間:140分

制作年:2000年

制作国:デンマーク

 

+++++

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

バラ(スターリィ・ヘブンズ)

バラ(スターリィ・ヘブンズ)

komari-mon.hatenablog.com

komari-mon.hatenablog.com