困りもん暮らしメモ

困りごとだらけの困りもんです

MENU

夏に見たい作品〜テレビドラマ「日本の面影」

テレビドラマ「日本の面影」1984年・NHK制作・脚本:山田太一

「日本の面影」

 

はてなの「今週のお題・夏に見たい映画・ドラマ・アニメ・バラエティ」に参加しています。

 

夏に見たい作品。

私は「日本の面影」を、もう一度見たいです。

 

約40年前(1984年)にNHKで放送された、ラフカディオ・ハーン小泉八雲が主人公のドラマです。

 

脚本は山田太一さん、1話80分、全4話でした。

映画「ウエスト・サイド物語」のジョージ・チャキリスさんが、ハーンを演じていました。

 

放送されたのは春でしたが、毎年、夏になると思い出します。

ハーンの著作から「雪女」、「耳なし芳一」などの怪談が、劇中劇として登場するからかもしれません。

 

DVD化されてないみたいです

 

とても良いドラマだったのですが、当時はビデオデッキも持っていなくて(まだ高価でした)、その時限りの視聴でした。

 

再放送されたら、ぜひ見たい!と思ったのですが…、以来数10年、まだ見る機会がありません。

 

調べてみると、島根県内限定の再放送や、有料の“日本映画専門チャンネル”での放送は、あったみたいです。

 

ビデオやDVD化もされていないようです。

あらすじ

 

ニューオーリンズで新聞記者をしていたハーンは、万博で見た日本の美術や教育に魅かれて来日。

島根県の松江で英語教師となり、やがて没落士族の娘・小泉セツと結婚。

帰化し、亡くなるまでの後半生が描かれます。

日本の古いものや怪談を愛し、世界に紹介したハーン。

でも、時は、明治時代。

近代化を急ぐ日本に、ハーンは…。

感想

 

ハーン役にジョージ・チャキリスさんは、カッコ良すぎるのでは…?と思っていましたが、ドラマを見てみると繊細な雰囲気で、適役に思えました。

 

檀ふみさんが小泉セツ役、ハーンの友人・西田&耳なし芳一役が小林薫さん、他、配役が豪華だな…と思いながら見ていました。

 

セツが語る怪談が、劇中劇として入ります。

実写、人形劇、絵画など多彩で面白かったです。

 

昔見た時に感動しましたが、今思い出すと、なんだか一層沁みます。

 

アラ還の私が小学校低学年の頃は、トイレはまだ汲み取り式でした。

それを思い出すだけでも、昔より今の方が暮らしやすいと思ってしまうのですが…。

 

でも今は、薄暗がりが減って、幽霊がこっそり潜むのも難しくなっただろうなと思います。

 

そういう所では、人以外の生き物や、自身の影が薄いと感じている人は、居心地が悪いのかもしれないなと思います。

 

「日本の面影」、怪談話が増える夏にまた見ることが出来たら、と思います。

 

 

+++++

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

キキョウ

キキョウ

komari-mon.hatenablog.com

komari-mon.hatenablog.com