困りもん暮らしメモ

困りごとだらけの困りもんです

MENU

茶碗蒸しの取り出しに便利な「蒸し物用トング」

蒸し物用トング1

蒸し物用トング1

これは、「蒸し物用トング」です。

 茶碗蒸しを蒸し器やシャトルシェフで作った時、取り出すのに便利です。熱湯消毒した瓶などを、お湯の中から取り出す時にもいいです。

サイズは29.9cm×9.9cm×6.7 cm、113gです。

黒いエストラマー樹脂部分は滑り止めかと思いますが、スリットが入っていて取り外すことができます。耐熱温度が120℃なので、熱湯も大丈夫です。

上部を手で持ってV字状に開き、器を挟んで取り出します。

 

蒸し物用トングを開いたところ

蒸し物用トングを開いたところ

シャトルシェフを購入して以来、茶碗蒸しはシャトルシェフで作っています。調理後に入れっぱなしにしていても固くならず、温かいままなので、茶碗蒸しを作ってから魚を焼くこともできて便利だからです。ただ、取り出す時にいつも苦労していました。「調理鍋に器の半分の高さまでお湯を入れて加熱する」という調理方法だからです。「湯煎」と言えばいいでしょうか…。器が熱いし、濡れている…。ゴム手袋をはめてもまだ熱いし、ミトンを使うとミトンも濡れてしまう…。困っていました。この「蒸し物用トング」を買うまでは、器一つ一つをガーゼで包み、上の結び目をつかんで取り出すという面倒なことをしていたので、画期的な調理道具だと思います。かなり広げることができるので、直径30㎝くらいまでなら、平皿でも取り出せそうです。

蒸し物用トングで器を挟んだところ

蒸し物用トングで器を挟んだところ

注意点

    • バネ式ではなく手の握り具合で挟み具合を調節するものなので、握り具合を緩めると器が落ちます。少しコツが入ります。新聞紙やふきんなど、柔らかいものの上で器を挟む練習をしてから使用しました。今は両手を使って器を挟み、鍋から取り出す時は片手でしています。
    • 調理鍋と器との間が狭かったり、器で詰め詰めの時は、トングを差し込みにくくなるので、取り出しにくくなります。

 

 

komari-mon.hatenablog.com