困りもん暮らしメモ

困りごとだらけの困りもんです

MENU

中途半端な季節に便利・綿毛布

ちょっと変わった雲

変わりやすい天気です

このところ、私が住んでいる地域では、急な雷雨が続いています。

雷雨の後は、夏日だったのが一転して肌寒いくらいになることが多く、服や寝具の調節に気を遣います。

 

数ヶ月前、たまたまお返しで綿毛布をもらいましたが、こういう中途半端な季節には使いやすく、便利でした。

 

ダックス シール織・ガーゼリバーシブル綿毛布

綿毛布

もう夏なのに「毛布」って、変な感じですが、綿毛布は起毛している毛羽部分が綿です。

ウールやアクリル毛布ほど保温性が高くないので、肌掛け布団では暑いけれど、タオルケットでは肌寒い…という時に便利です。

タオルケットのように、1枚だけで使っています。

ほどほどの保温性で、快適です。

 

春頃には、合わせの羽毛布団を1枚がけにした時の調節用に使っていました。布団の内側に入れたり、上からかけたりしていました。

 

もらった綿毛布は、シール織とガーゼのリバーシブルタイプでした。

ダックスのシール織とガーゼのリバーシブル綿毛布

シール織とガーゼのリバーシブルタイプ

片面がガーゼであることで、今の季節に使いやすくなっているような気もしますが、他の綿毛布を使ったことがないのでわかりません。

リバーシブルタイプは、ダックスのこの毛布だけみたいです。

製造は、昭和西川でした。

カタログギフト取扱店やデパートなどのオンラインショップで「ダックス シール織・ガーゼリバーシブル綿毛布」の名称で販売しているようです。

 

「シール織」のシール(seal)は、アザラシという意味だそうです。

シール織の綿毛布

シール織

光沢とふわふわした質感が似ていることからつけられたそうです。

私はアザラシを触ったことがないので、比較ができないのですが…。

パイルが抜けにくく、洗濯後の風合いの変化が少ないことが特徴の織り方だそうです。

生地の90%が和歌山県の高野口地区で作られているようです。

シール織の毛布は西川からいろいろな種類が、また、無印からも発売されています。

 

綿毛布の注意点

毛布についていた取扱い絵表示は、「洗濯機使用可・乾燥機使用禁止」でした。

毛布についていた取扱い絵表示

毛布についていた取扱い絵表示

うちの洗濯乾燥機の取扱説明書でも、綿毛布は「洗濯可・乾燥機禁止」になっていて、理由は「縮むおそれ」となっていました。

でも、中途半端な季節に使うので、天気もスッキリしない日が多いです。

うちの乾燥機は温度が低めなこともあり、乾かなかった日は自己責任ということで、短時間乾燥機にかけています。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

ゼニアオイ

ゼニアオイ


komari-mon.hatenablog.com

komari-mon.hatenablog.com